FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RAMディスクについてのあれこれ
昨日のエントリーでRAMディスクについて少し書いたんで補足などいろいろ。



そもそもでRAMディスクっていうのはメインメモリーの使ってない領域をハードディスクのような記憶領域に使うことなんですが、このメインメモリーっていうのは電源が落ちるとその中のデータも消える揮発性の記憶領域なんですね。で、もちろんそのメインメモリーを使うってことは、RAMディスクも同様に電源OFFと同時にデータも消滅するわけです。
なので、電源OFFと同時にバックアップとったりするソフトもあるので一概には言えないですが、ふつうのハードディスクと同じような使い方をするのは微妙なわけです。そもそもで、メインメモリーから容量を割いているので今時のハードディスクみたいな1TBとかそんな容量は現実的じゃないですし、大量にRAMディスクに割けばメインメモリーがその分減るわけですから、これをデータの記録領域にする理由はあんまりありません。


じゃあなんで、記憶領域としては欠陥だらけなRAMディスクがそれなりに脚光を浴びていたり話題になったりするかといえば、メインメモリーを使うわけですからそこにはハードディスクやSSDとは比べものにならない速度があるからです。なので小さい容量でよくアクセスするようなファイル(テンポラリーファイルなど)や、よく使うアプリケーションやその仮想メモリー領域、ゲームソフトなどを置くと快適っていうのが基本的な意見。

特にテンポラリーや仮想メモリーに関しては電源OFFにして消去されても大して問題にならなかったり、むしろありがたかったりするのでよく使われます。



ただ、Windowsのテンポラリーはごくたまに再起動を要請するインストールで使われるのでその場合はバックアップをしておくなり、そのときだけテンポラリーの場所を変えるなりのことが必要になったりします。





じゃあどの位の容量がいいのかとなると、かなり用途やマシンスペックによって変わるんですが、32bitOSで3.5GB以上のメモリーだと認識外領域が出てくるのでそれを使うことになります。
4GBのメモリーを積んでる場合が多いのでそのまま認識外の500MB程度をRAMディスクにすれば十分ですが、インターネットからダウンロードしたファイルの置き場やら、グラフィックソフトの仮想メモリー置き場やらにしたい場合はもう少し多い方がいいですが、認識域のメモリーを減らす必要はないです。私は2GB近くRAMがほしかったので総容量を6GBにしていました。グラフィックソフトのキャッシュとか圧縮ソフトの解凍先とかにも使ってましたが、一番大きかったのは仮想メモリーです。どうしても32bitの認識域のメモリーでは足らないことが多かったので。


で64bitの場合ですが、使う用途はほとんど同じです。ただ、仮想メモリーに割くことはまったくもって必要ないのでキャッシュ置き場などが主な用途です。今はメモリーも安くなったので総メモリー16GBとかもかなり現実的ですから、バックアップソフトを使ってレスポンスが重要なソフト(ゲームとかね)のインストール先にしても良さそうです。その場合はかなり容量が多くなるのでメインメモリーやパソコン自体との相談ですね。
で、そういうことをしないのであれば256MB~1GBくらいがいいオーダーな気がします。
特に256MBならBuffalo RAMDISK ユーテリティーとか、RAM Phantom体験版があります。先の方ではBuffaloのメモリーでなくても256MBまでなら使えてバックアップも設定できます。

256MBより多い容量だとDataram RAM Diskが優秀でした。容量も4Gまで自由に選べます。記憶したデータはバックアップもできます。



32bitのころに使ってたRAMディスクのソフトは有名どころですがGavotte Ramdiskでした。認識外を使えるのが優秀で、容量制限もないのが偉かったです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kurikata.blog.fc2.com/tb.php/38-4a17d49a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。